特集記事

2019.01.18

SPECIAL

特集記事

マネージメントのためのストリーミング攻略術

ストリーミングサービス最新事情

ストリーミングサービスの“今”を、自らもSpotifyほかで キュレーターとして活躍しているふくりゅう氏に解説していただいた。

text:ふくりゅう(音楽コンシェルジュ)

音楽の楽しみ方、届け方にパラダイムシフトが起きつつある

 国内では「サブスク(サブスクリプション=定額制の意)」の通称で広まってきた「定額制ストリーミングミュージックサービス(以下、ストリーミングサービス)」。Apple Music、LINE MUSIC、Spotify、Amazon Music、YouTube Music、AWA、KKBOX、dヒッツ、レコチョク Bestなどが手掛ける、月額1,000円程度を支払えば聴き放題で音楽を楽しむことができるストリーミングサービスの市場が急激に伸びつつある。わかりやすく言えば、人類の歴史上もっともたくさんの音楽に触れられる時代がやってきたのだ。
 IFPI(国際レコード・ビデオ製作者連盟)が提供するグローバルの市場データ(※)を見れば明白だが、昨今の音楽シーンはCD売り上げが減少を続け、ダウンロード配信も伸び悩んでいるなか、ストリーミングサービスをきっかけに世界各国の音楽市場が再興している。
 日本は、CDカルチャーが他国より長く続いた結果、ほかの先進国にくらべて音楽市場の復活が遅れている。その要因のひとつには、国民的認知度の高い大物アーティストが楽曲を解禁しなかったことがあげられる。しかし、2018年にはMr.Children、椎名林檎、宇多田ヒカル、コブクロなどがストリーミングサービスへの楽曲提供を解禁した。次世代を担う新人アーティストとしては、あいみょんが日本におけるストリーミング市場初の国民的アーティストとなりつつある。同じく2018年末に紅白歌合戦へ初出場したDAOKOが米津玄師とコラボして世に放ったストリーミングきっかけのヒット曲「打上花火」の存在も見逃せない。
 レーベルの売り上げ的にも、昨年(2018年)からストリーミングサービスの収入がビジネスになり始めたという声をたくさん聞くようになった。ヒットの構造がCDからストリーミングへチェンジした海外の動向を見ればわかる通り、音楽の楽しみ方、届け方にパラダイムシフトが起きつつあるのだ。
 わかりやすく言い換えよう。ストリーミングサービスは、従来のメディアでたとえるならば有料で楽曲を知ってもらえる人気ラジオ的な存在と言えるかもしれない。ラジオのパーソナリティが番組で楽曲を紹介してオンエアするように、ストリーミングサービスではキュレーターがプレイリストをテーマ別に選曲していく。SpotifyやYouTube Musicは無料会員でも利用できる広告付きフリーミアムモデルを取り入れていることから、リスナーとの接点も開かれ、“楽曲が発見される”機会はより高まっていく。
 AIを活用した、それぞれのリスナーにおすすめの新曲をレコメンデーションするプレイリストにも注目だ。筆者は、Spotifyが毎週金曜日にリスナーの聴取履歴をもとにカスタマイズ選曲する「Release Radar」に感謝している。好きなアーティストの新曲を聴き逃すことが減ったのだ。
 Spotifyの人気プレイリスト「トウキョウ・スーパー・ヒッツ」「Tokyo Rising」、新譜をいち早く紹介する「New Music Wednesday」などに顕著だが、音楽性重視のプレイリストによる新人アーティストのフックアップによって、CHAI、King Gnu、TENDOUJI、Attractions、折坂悠太、kolmeなど、旧来のヒット方程式とは異なる楽曲主導によるヒットが増えてきた。
 そもそも音楽ファンとは、好きになったアーティストのライブへ通いたくなり、グッズを欲しがる傾向にある。海外では、ストリーミングサービスが浸透した結果、ファン向け高額CD BOXやアナログ盤が売れているという。さらに、聴き放題のストリーミングサービスであることから、テレビやSNSによる口コミ、YouTubeやTikTokなど動画共有サービス発で生まれたバズのチェックもしやすい。こういった距離の近い関係性が将来のヒットを生み出すのだ。

※引用元:http://www.ifpi.org/downloads/GMR2018.pdf

タグ: