特集記事

2017.07.14

SPECIAL

特集記事

KIKKUN-MK-IIさん

Lesson 3 YouTubeクリエイターがレクチャー!
日本武道館ワンマンライブも成功!

KIKKUN-MK-IIさん(M.S.S Project)

主戦場はニコニコ動画だが、ゲーム実況などの BGMやオープニングに自分らの曲を流すことから 始まり、この2月には日本武道館ライブも成功させた M.S.S Project(MSSP)のKIKKUNに、 動画で注目を集める秘訣を聞いた。

text:清水素子 photo:青木早霞(PROGRESS-M)

先に“人”を好きになってもらえると、
音楽にも興味を持ってもらいやすいんです。

僕らの音楽でもゲーム実況に流せば無条件に聴かせられる

KIKKUN-MK-IIさんがゲーム実況を始めたのって、もともとは音楽を聴いてもらうためだったんですよね。

そうです。M.S.S Projectの初期メンバーである僕とFB777は音楽の専門学校の同級生で、素人の僕らの音楽でもゲーム実況のオープニングに流せば、無条件に聴かせることができるじゃないかと。もともとゲームは得意だったし、ゲーム実況に音楽を足すスタイルを当時、誰もやっていなかったんですね。それで注目され始めた頃に投稿したのが『肉ばっかりカレー』っていう動画だったんです。その名の通りフライドチキンに唐揚げ、モツ、レバーと、肉なら何でもカレーに突っ込んで食べる動画で、それを音楽付きで投稿したら、実況動画より再生数が伸びちゃって! タイトルだけ見たら気になるじゃないですか。そこから“変なことをやってるヤツらがいる”ってことで噂になって広まっていった感じです。

再生数を伸ばすためには、やはりタイトルは重要ですか?

超大事ですね! たとえば「××を実況した」みたいな最低限の情報だとスルーしても、「××を実況したらこんなことに!」って書かれてたら心惹かれるじゃないですか。まあ、テレビでよくあるCM前のあおりみたいなもんですよ。ほかにも観てもらうための研究はいろいろしました。音質にこだわってマイクもメチャクチャ買ったり。でも、歌録りで使うような高いマイクは逆にきれいに聴こえすぎて、ゲームの音声となじみが悪かったりするんですよね。投稿する時間は朝昼晩いつがいいのか、連続で投稿したほうがいいのか、日にちを空けたほうがいいのかとかも試したり…結論、わかんなかったですけど(笑)。ほかにも、アクセスしやすいように配信動画を整理してHPを作ったり、ブログやツイッター等のSNSで広めたりもしました。でも一番の秘訣は、やっぱり続けたことですね。僕らも8年くらいやってますけど、うっかり面白くない動画作ってしまって、それで再生数が伸びなくてもやめなかったですもん。

“継続は力なり”と。ちなみにゲーム実況というとニコニコ動画のイメージですが、YouTubeチャンネルのほうにはどんな動画を投稿されてます?

やっぱりYouTubeの特色は世界中に発信できること、アカウント登録の必要もないので誰でも簡単に観られること、つまりオープンな場所であることなんですね。なので海外でも人気のあるゲームを扱っていたり、より幅広く知らせたい告知動画なんかはYouTubeに投稿しています。それこそ日本武道館ワンマンDVDのトレーラーだったりとか。

KIKKUN-MK-IIさん

音楽と自分の好きなものとの接点をうまく見つけていくこと

なるほど。そのほか、人の目を引く動画を作るポイントは?

料理でも旅でも動物でも何でもいいから、自分の好きなものや私生活をからめること。それを通じて先に“人”を好きになってもらえると、音楽にも興味を持ってもらいやすいんです。僕らのファンだって、ゲームはやらないのに「つらいときにバカやってる人たちを観ると癒やされるから好き」っていう人もいますからね。ただ、そこはプライドとの兼ね合いで、音楽以外のことをやりたくない人は無理だろうし、たとえばしゃべりが苦手だったら実況はできない。音楽と自分のできること、好きなものとの接点をうまく見つけて、いかに他人が気づかなかった切り口を見つけていくかが今の時代には必要なのかなぁって。

誰でも発信できる時代だからこそ、そのなかで触れてもらうためには、ほかとは違う何かが必要になってきますよね。

もちろん音楽に対する真面目さは必要なものだし、僕にだってゆずれない信念はありますよ。ただ、プライドじゃメシは食えないんですよね。うまい人も魅力的な人もいくらでもいるから、そこだけを追求していっても天井知らずで、時間だけが過ぎ去ってしまう。なので、音楽にこだわりたい人におすすめなのが機材レビューですね。僕も新しい機材を買う前にレビュー動画を検索して、演奏のうまい人や自作の曲を弾いてたりする人を見つけると、興味がわいて同じ人が投稿した別の動画を観たりしますから。あと、やっぱり人づきあいは大事。今、MSSPのライブでバックバンドをしてる人たちも、飲み友達からの流れでお願いしているし、オープンな行動で広げた人脈が、いつか役に立ったりもするんですよ。

PROFILE

KIKKUN-MK-IIさんのYouTubeチャンネル

4人組エンタテインメント集団M.S.S Projectで、作詞・作曲、ギター演奏、トークなどを担当。7月22日から2017年夏ツアーがスタート、ファイナルは8月29日(火)中野サンプラザ。日本武道館公演のライブDVDも発売中。